高麗人参ガイド

イライラに高麗人参

現代社会ではストレスがどこにでもついてまわります。老若男女を問わず、誰しもが多かれ少なかれストレスを抱えている時代になったといっても過言ではないでしょう。仕事に勉強などをはじめ、様々な要因が生活のリズムを乱し、不規則な生活サイクルを余儀なくしています。私たちは、そんなストレスを解消するために休養をとったり運動をしたりと様々な工夫をこらしますが、それ以上にストレスを感じてしまい、ストレスが蓄積され続ける一方という人もいるでしょう。

蓄積され続けたストレスは、抑うつ症状や自律神経失調症などの精神的疾患を誘発するだけではなく、身体的な健康に対しても悪影響をあたえます。

具体的には、ストレスホルモンという物質が過剰に分泌されることにより、脳の萎縮や血液の悪循環などが引き起こされることが判明しています。血行の悪循環は、高血圧をはじめ脳卒中や心筋梗塞などの重篤な症状を引き起こしてしまいますし、太りやすい体質になってしまったり肩がこったりと日常レベルでも体調がすぐれない状態に陥ります。

ではストレスを解消するためにはいったいどうすればいいのでしょうか?

そこで有用性を発揮するのが高麗人参です。高麗人参にはサポニン(ジンセノサイド)と呼ばれる特有成分が含まれており、このサポニンがストレスホルモンの分泌を直接抑制します。さらにサポニンには自立神経のバランスを整える作用もあるため、ストレスの鎮静・解消にはうってつけなのです。 その他にも高麗人参で生活習慣病を改善することもできるそうです。

自律神経失調症はストレスなどが原因で発症することが多いとされており、具体的にはめまいや頭痛、吐き気などの身体的な悪影響をはじめ、人間不信や抑うつ症状、イライラなどの精神的な症状などが挙げられるため、早期に改善する必要があります。そして、先述したとおり高麗人参には自律神経を整える効果があるため、自律神経失調症の改善にもピッタリです。

また、古来の中国でも高麗人参の精神的な鎮静作用は通目されていたようです。「高麗人参の効能を調査!」で紹介した人参七効説でも「養心安神」という言葉が残されていることから、その効能を窺い知る事ができます。